「顔の見える酒造り」を目指し、蔵元の出来事やお酒の情報を公開しております。


by hanatomoe

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
復活!木桶仕込み
日本酒造り
お酒の紹介
吉野の史跡紹介
蔵元のつぶやき
イベント情報

タグ

(13)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)

検索

柳の渡し

e0027345_17201958.jpg私どもの蔵のある奈良県吉野町の六田(むだ)という場所は、周りを山々に囲まれた谷間の町です。吉野川をはさんで川沿いを道が通っています。
昔から川を渡る交通手段として川の流れの揺るやかな場所には、「~の渡し」と呼ばれる船の乗り場が作られてきました。

当蔵のある六田にも柳の渡しと呼ばれる渡し舟の乗り場がありました。ちょうど蔵の横に大きな枝垂れ柳の木があり、そこが目印となっていたようです。また対岸にも柳の木があり、その柳を結ぶように渡し船が行き来していたそうです。
実際の対岸の柳の木は現在の位置より川上にあったようで、昭和34年の伊勢湾台風時に流されて植えなおされたものだそうです。

e0027345_17181284.jpg現在は美吉野橋がかかっており、そのたもとに説明書きが立てられています。
柳の渡しの他にもこのような渡しが幾つかあったようで、川下には「椿の渡し」、川上には「桜の渡し」があり現在は橋がかかっています。

またこの辺りは、役行者(えんのぎょうじゃ)が開いたとされる熊野への奥駆け修験道75箇所の行場の最初の行場で、修験者の水垢離場(水を浴び身体を清める場)となっています。
そのため修験者や花見客など吉野山へ行く際の通り道となっており、川越をしてきた人々の宿場町として賑わっていたようです。

現在に至ってもこの橋の上から川下を望む夕焼けの景色がとても美しく、この場所で人々が足を止め、くつろぎたくなる気持ちが伝わってくるように思います。
[PR]
# by hanatomoe | 2006-09-07 01:49 | 吉野の史跡紹介

世界遺産大峯奥駆け第1の行場

山岳宗教で知られる大峯山(山上ヶ岳)を含む吉野から熊野までの奥駆け道が去年世界遺産に認定された事は記憶に新しい。
奥駆けとは、山岳宗教の祖である役の行者が拓いた修行の道で第1の行場から第?の行場までを?日かけて歩くもので、現在でも多くの修験者が行を行っています。
その出発点となっているのが、かつて吉野川をはさみ対岸とを船で結んでいた柳の渡しと言われて居た所です。吉野山への入山前に吉野川に入水して身を清める禊を行う第1の行場となっています。
この行場というのが蔵の下の川で行われ、この時期土日になると白装束をまとった修験者達のホラ貝を鳴らす音が響きわたっています。
[PR]
# by hanatomoe | 2006-09-05 23:39 | 吉野の史跡紹介

夏の定番!?無濾過生原酒

まだまだ暑い日が続いています。
最近ではエアコンのおかげで、暑い時期でも快適に過ごす事が出来るようになりました。
そんな時期に家でゆったりと食事していただくために最適なお酒をご紹介したいと思います。
日本酒(清酒)愛好家の方は、冬場はもちろんのこと、夏でもやはり日本酒(清酒)に限るとおっしゃいます。日本酒(清酒)には、年中通して楽しんで頂けるレパートリーの広さがあります。

そこで今回ご紹介するのは、清酒花巴の生酒「無濾過生原酒」です。
このお酒、生酒で加熱処理を行っておりませんので、華やかな香りが広がり、スッキリとした口当たりが特徴です。ありきたりな表現ですがその通りです。
冷酒としてお楽しみいただけるお酒です。

清酒花巴ではこの生酒を無濾過、さらに原酒としても販売を開始しております。
無濾過は余計な手を一切加えず、搾ったままの状態のお酒です。そうすることで、お酒本来の美味しさと原料の良さをお酒に反映することが出来ます。

そしてお酒に加水せずに、アルコール度数の高い原酒として販売することで、冷やしても水っぽくならず、しっかりとお酒の美味しさを保ってくれます。
冷やすことで呑みやすくなるのは当たり前ですので、冷酒としての味わいの中にもやはり清酒らしさというか、米のうまみや原材料へのこだわりを感じていただきたいと思っております。

当蔵元の日本酒(清酒)を冷酒として味わっていただく際に、一番美味しくお楽しみいただける状態として、清酒花巴を無濾過生原酒で販売しております。
※今後、無濾過生原酒を追加していきます。
[PR]
# by hanatomoe | 2006-08-25 18:46 | 蔵元のつぶやき

吉野川(紀ノ川)の鮎釣り解禁!

e0027345_1843763.jpg先日より、吉野川(紀ノ川)の鮎釣りが解禁になりました。
左の写真は蔵の前の川で、黒く点々と見えるのが釣り人たちです。

天然ものの鮎は、養殖のものとは違い、コケを食べて育ち
身は引き締まり、決して油っぽくなくスイカやキュウリの香りがすると
よく言われます。
吉野川でもこのような香りの良い鮎は少なくなってきており、綺麗な川の水が流れる上流に行かなければ味わえなくなってきております。
鮎の塩焼きと日本酒の相性は、皆さんご存知の通り申しぶんございません。
これからどんどん暑くなっていきますが、季節を通して日本酒はいつでも
それぞれの食材の持つ美味しさを引き出してくれます。
[PR]
# by hanatomoe | 2006-06-07 19:55 | 蔵元のつぶやき

杉玉

e0027345_11353850.jpg酒の造りが終わって約1ヶ月がたちました。緑色をしていた写真のように杉玉もすっかり茶色くなってしまいました。

蔵の中(上)につるしてある杉玉は、日が当たらないので少し緑がのこっていますが、蔵の前(下)のものは、枯れて全体が茶色くなっております。


e0027345_1136797.jpg酒蔵の象徴のようなこの杉玉ですが、本来は新酒(その年に搾られる酒)が出来上がったことをそのお酒を愛飲して頂いているお客様に、蔵の軒先に吊るしてお知らせするという意味があります。

この杉玉は、お酒の神様で知られる奈良県の大神(おおみわ)神社のご神木が杉であることから、11月14日の醸造安全祈願祭(その年の造りが安全に行えるように祈願)によりお酒を奉納・祈願し各蔵元のもとへ届きます。

今年の12月には、この杉玉と共に花巴の新酒しぼりたてのご案内をさせていただきたいと思っております。
[PR]
# by hanatomoe | 2006-05-16 11:38 | 蔵元のつぶやき

清酒花巴の呑みくらべセット販売開始

e0027345_1025214.jpg清酒花巴のお酒はどの商品も花巴の創業当時からの「米のうまみを引き出し、料理に合うお酒を釀す」 と言う考えをもとに造られていますが、 それゆえお客様の好みや料理の種類に対応できるよう、商品により様々な特徴を持たせております。

このセット商品では、お客様のお好みに本当に合った清酒花巴を呑み比べながらお探し頂けます。 こだわりのお料理に合うお酒をお探しの飲食店様にも是非ご検討していただきたく存じます。
また4本セットの箱入りで、呑み比べに便利な花巴の利き緒口がセットになっていますので贈り物にも最適です。

清酒花巴の生酒、新酒などの呑みくらべもご用意しております。サイズはすべて300mlです。
[PR]
# by hanatomoe | 2006-04-29 10:33 | 蔵元のつぶやき

吉野山の桜開花状況

e0027345_20201245.jpg4月9日晴天。水分神社のある上の千本から中の千本に下る途中の桜です。
まだ、つぼみも固く今週末ぐらいからの咲き始めになりそうです。見物客もまばらでした。

吉野山は、「下の千本」「中の千本」「上の千本」「奥の千本」と山の麓から徐々に桜は咲いていきます。下の千本・中の千本の桜は咲き始めており大勢の人でにぎわっておりました。
吉野では主に「しだれ桜」「ソメイヨシノ」「山桜」の順番で咲いていき、上の千本でも「しだれ桜」はきれいに咲いておりました。

吉野山全体が桜の花で覆われるころに、上の千本から見下ろす吉野山は蔵王堂の大きさと山全体に広がった桜が吉野山の雄大さを感じさせます。
また桜は散り際がとても美しく、当蔵元の清酒銘柄である「花巴(はなともえ)」もその様から名づけられたようです。
[PR]
# by hanatomoe | 2006-04-10 10:52 | 蔵元のつぶやき

今年のお酒が搾り終わりました。

e0027345_18313391.jpgいよいよ四月に入り春になりましたが、吉野の方ではまだもう少し寒さが続きそうです。
桜の開花も私どもの蔵のある吉野山の麓では、日当たりの良いところでは、ちらほらといったところですが、吉野山の方は桜の咲くのはまだもう少し先のようです。

春になり酒造りもいよいよ終わりを迎えております。
先日無事に今年のお酒がすべて搾り終わりました。この酒を搾り終わり、出来た酒や粕の数量がすべて出揃うことを皆造(かいぞう)といいます。
しかし、酒のつくりは終わりましたが、貯蔵の準備や後片付けが残っており、この最後の仕事を怠るとせっかく出来た酒を台無しにしてしまったり、来年の造りの際に差し支えます。
特に用具の洗いはカビなどが生えないよう、しっかりと熱湯消毒し、天日干しして殺菌され保管します。酒造りが終わってから来年の酒造りが始まるまでの間は、酒造蔵は使用しませんので、念入りに清掃されます。

最近記事の更新が遅れており、久々の更新となりましたが、今後とも宜しくお願い申し上げます。
[PR]
# by hanatomoe | 2006-04-02 20:00 | 日本酒造り

蔵元体験見学会の様子

2月中頃に行われた、蔵元体験見学会の様子です。
この見学会は、当蔵元では初の試みです。花巴の造りに実際に参加していただくことで、蔵元のこだわりを肌で感じて頂くとともに、お酒の奥深さに興味を持ってもらうため始めました。
私どもの蔵元には、博物館や資料館のような見学コースはありませんが、純粋にお酒の面白さを味わっていただけるよう定員5名までとし、1日かけて体験していただいております。

e0027345_202189.jpg
左の様子は、三段仕込みの工程で、タンクに蒸米を仕込んでいく際に撹拌しているところです。これを櫂入れと言い、木の櫂棒と呼ばれる道具を使います。


e0027345_2024827.jpg
次に利き酒の様子です。昼食時の食前酒と同じお酒を当てるというクイズ形式で行いました。正解者にはプレゼントがありましたが・・・。

このような感じで、体験見学会を行っております。
1月~2月の期間限定で蔵元体験見学会の実施を予定していますので、ご興味のあるお客様はぜひご参加いただきましたら幸いです。
[PR]
# by hanatomoe | 2006-03-01 20:12 | 日本酒造り

ただいま吟醸酒の仕込みが始まっています!

ただいま蔵内は、吟醸酒の仕込みの真っ最中で、活気づいております。
今回は吟醸酒の米の洗いをご紹介。
e0027345_11382443.jpg吟醸酒の米は、よく磨かれた米(低精米歩合)をつかいます。写真は精米歩合40%の山田錦です。(米の60%磨き取って、残りの40%)

酒造好適米には、中心に心白と呼ばれる白く濁った部分があるのが特徴で、でんぷん質の隙間の多いことを意味しています。米は表層部分にたんぱく質・脂質などのお酒の雑味になる成分が多く含まれており、すっきりとした味わいに仕上げる吟醸酒ほど、この部分を取り除いた心白だけを使用します。

また、山田錦では米の粒が大きく全体のたんぱく質などの雑味成分が少なく心白がしっかりありますので、味のあるタイプのお酒に仕上げる場合に高精米歩合(精米歩合70%)でもうまみのある口当たりのよいお酒となりやすいです。※たんぱく質は過剰にあると雑味となりますが、お酒に「うまみ」を与えてくれます。

e0027345_11533755.jpgさて、米の洗いになりますが、吟醸酒の米は低精米歩合ですので中心の心白がむき出しになっている状態です。心白はでんぷん質の隙間ですので、水をすぐに吸ってしまいます。水を多く吸わせてしまうと、蒸しあがりが柔らすぎて粘りますのでよくありません。また、米の柔らかい部分ですので、すぐにつぶれてしまいます。
そのため、手洗いでやさしく糠を落とし、時間をはかり水の吸い加減を調節する必要があります。これを限定吸水といいよく磨かれた低精米歩合米を使用する吟醸酒づくりの特徴のひとつです。

e0027345_1211421.jpg

[PR]
# by hanatomoe | 2006-02-12 12:25 | 日本酒造り

清酒花巴とは

上質な酸味を楽しめる人の日本酒です。

奈良の地酒蔵 美吉野醸造株式会社ホームページ

その他のジャンル

ブログジャンル