「顔の見える酒造り」を目指し、蔵元の出来事やお酒の情報を公開しております。


by hanatomoe

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
復活!木桶仕込み
日本酒造り
お酒の紹介
吉野の史跡紹介
蔵元のつぶやき
イベント情報

タグ

(13)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)

検索

<   2006年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

酒母(もと)立て

e0027345_8222660.jpg酒母に使う麹が出来上がり(写真)、本日酒母の仕込みを行いました。
蔵では酒母を仕込んだ日を「もと立て」と言い、今年最初の「もと立て」または「モト初め」の晩にお祝いをします。

その他、新酒が出来上がった時の「初揚げ」や仕込みが終わり、蒸し工程最後の「甑倒し」など酒蔵では節目でお祝いがあります。

この祝い事には、今後の安全な酒造りを願うと共に蔵元と蔵人とのコミュニケーションの機会となり、酒造りについて語り合う良い機会となっていると私どもは考えております。
[PR]
by hanatomoe | 2006-11-28 23:15 | 日本酒造り

正暦寺

e0027345_21344483.jpg奈良県正暦寺の紅葉が見頃になっています。
毎年この時期になると真っ赤に紅葉していきますが、毎年この紅葉を見ている方は今年の紅葉はいつもと違うと言います。

それは赤色のほか黄色や緑色が混ざっていてグラデーションになっていることです。
真っ赤に紅葉した正暦寺も良いですが、きれいなグラデーションを見せる今年の紅葉も風情があるなと感じました。
一見の価値ありです。

e0027345_21513569.jpgまた現在、清酒発祥の地でもある正暦寺で造られていた僧坊酒を復刻した「菩提もと純米酒」を試飲販売しております。ぜひお立ち寄り下さい。

菩提もとの詳細につきましては下記の記事をご参照下さい。↓
菩提もとの仕込みについて1
菩提もとの仕込みについて2
[PR]
by hanatomoe | 2006-11-24 20:55 | 蔵元のつぶやき

本日、蔵入り

本日、平成18年度の酒造りを行うため、杜氏をはじめ5名の蔵人が蔵入りしました。
蔵人たちで蔵の中が活気付き、いよいよ今年も酒造りの季節がやってきたと身を引き締めております。

これから4月までの間、米を蒸し、麹を造り、酒母を造り、醪を造るという作業を繰り返してお酒を造っていきます。

蔵人たち全員の気持ちをひとつにし、丹精込めた酒造りに励んで参ります。
今年の新酒初搾りは例年通り、12月末になる予定です。

新酒の販売開始は、新酒が出来上がり次第メールニュース(花巴蔵元便り)でお知いたしますので、ぜひご利用下さい。
また、このブログでも出来上がりまでをご案内させていただきます。
今年度も清酒花巴を宜しくお願い申し上げます。

去年(平成17年度)の蔵入りのブログはこちら
[PR]
by hanatomoe | 2006-11-17 08:21 | 日本酒造り

清酒花巴とは

上質な酸味を楽しめる人の日本酒です。

奈良の地酒蔵 美吉野醸造株式会社ホームページ

その他のジャンル

ブログジャンル