「顔の見える酒造り」を目指し、蔵元の出来事やお酒の情報を公開しております。


by hanatomoe

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
復活!木桶仕込み
日本酒造り
お酒の紹介
吉野の史跡紹介
蔵元のつぶやき
イベント情報

タグ

(13)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)

検索

<   2006年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

花巴太古の滴菩提モト仕込みが始まりました

e0027345_2324181.jpg1月20日に正暦寺で造られていた酒母「菩提もと」が完成しました。この菩提もとはその後、各社蔵へ持ち帰り本仕込が行われます。
下の写真のように小さな容器に入れ小分けにして持ち帰ります。

e0027345_2333987.jpgそして、今日(1月23日)に菩提モトを酒母として造られる「花巴 太古の滴菩提もと仕込み」の「添仕込み」が行われました。
花巴では、三段仕込みを行っており三回に分けて少しづつ量をふやしていきます。
明日は1日仕込みを休み、酵母菌の繁殖する期間をとります。これを「踊り」と言います。
また明後日に約倍量の「仲仕込み」を行い、明々後日に最後の仕込みとなる仲仕込みの約倍量の「留仕込み」を行い仕込みを完了します。

このように仕込まれた、菩提もとの酵母菌(正暦寺より分離)と花巴の米・水により、約30日の間じっくりと発酵させ花巴 太古の滴菩提モト仕込みが生まれます。
[PR]
by hanatomoe | 2006-01-23 23:25 | 日本酒造り

菩提モト仕込み(正暦寺にて)

1月6日に菩提もとの仕込みが始まりました。
酒母が熟成するまで約二週間かかり、その工程は正暦寺ですべて行われております。
6日には、菩提もとの最大の特徴と言える生米から「そやし水」を造る工程を行いました。この工程を初度(しょど)と言います。

e0027345_839554.jpgそやし水とは、生米中などの乳酸菌により発酵させてできる乳酸酸性水で、約30度ほどの高い温度で造られるため独特の酸臭を発します。そやし水は約3日間で完成します。

1月9日にそやし水から生米を分け、取り出された生米を蒸しました。
e0027345_8463498.jpgこの工程を二度(にど)と言い、菩提モトづくりは初度・二度の二つの工程に分けられ、初度で乳酸酸性にしておいた「そやし水」を「二度」の工程にて混ぜあわせることで酸度を高めることができ、低温で仕込まなくても、雑菌汚染される心配がなく、温暖な時期でも安全に仕込むことができていたようです。

e0027345_848441.jpg蒸し上がった米を予定の仕込み温度になるように筵の上で冷まし、そやし水と冷ました蒸米を混ぜ合わせます。ここからは通常の酒母と同様に、温度管理により酵母菌の繁殖と乳酸の増加が行われていきます。1月20日に完成となる予定です。

菩提もとの続きはこちら>>
[PR]
by hanatomoe | 2006-01-15 08:57 | 日本酒造り

しぼりたて生原酒

e0027345_17167100.jpg山田錦で醸すこだわりのしぼりたて生原酒です。

酒造好適米である山田錦を100%使用した本醸造しぼりたて原酒は、アルコール分が20度以上あるにもかかわらず、米・水の性質を生かし口当たりがよくコクのあるしっかりとした味に仕上がっております。
お客様からは癖になる味と好評を頂いておりファンの多い人気商品です。 清酒花巴のしぼりたて原酒は、年末ギリギリの初搾りのため年内発送はご予約を承っております。
理由ありのウマさ!しぼりたて生原酒

本醸造しぼりたて生原酒の詳細(蔵元ホームページ)
[PR]
by hanatomoe | 2006-01-10 19:28 | お酒の紹介

清酒花巴とは

上質な酸味を楽しめる人の日本酒です。

奈良の地酒蔵 美吉野醸造株式会社ホームページ

その他のジャンル

ブログジャンル