「顔の見える酒造り」を目指し、蔵元の出来事やお酒の情報を公開しております。


by hanatomoe

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
復活!木桶仕込み
日本酒造り
お酒の紹介
吉野の史跡紹介
蔵元のつぶやき
イベント情報

タグ

(13)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)

検索

<   2005年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

秋上がりするお酒

花巴のお酒は、ちょうど”秋上がり”して飲み頃を迎えています。

”秋上がり”するお酒とは、”秋晴れ”するお酒とも言われ、新酒が出来上がる四月頃に貯蔵していたお酒が、夏を越し約半年経って秋ぐらいになると、熟成がほどよく進み、香味が落ち着き、味に丸みや深みがでるお酒のことを言います。
強い健全な発酵過程のお酒で、酸の多い酒ほど熟成させることで酒質が向上し、秋上がりするようです。

秋上がりとは逆に、不完全な発酵過程のお酒や貯蔵の失敗により、甘ダレたり、酒質が劣化することを”秋落ち”するといいます。一般に、秋落ちする酒に軟水で仕込んだものが多いと言われています。

実は、花巴のお酒も奈良吉野の大峯山系の伏流水(軟水)で仕込まれています。

しかし、熟成とともに深みを増し、香味に幅がでて、まろやかなうまみがのり、まさに秋上がりの酒だと思っております。新酒の時の面影を残しながら、上手に熟成しているこの味わいは一度飲まれると実感していただけることと思います。
結局は、軟水でも硬水でも、強い健全な発酵過程で出来上がるお酒は、長期の熟成に耐えてじっくりとうまさを引き出していけるということでしょうか。

花巴では、強い健全な発酵を行うために、酒米を厳選し、手作業による強い麹づくりに力を注いでおりますので、純米ながら完全に発酵させることができます。こうして出来上がるお酒は、熟成とともにおいしさの増す、秋上がりのする強いお酒となります。この秋上がりするということは、花巴の味わいを出す大切な条件となっています。

飲み頃を迎えた花巴を、是非ご賞味ください。生酒で購入されると、より美味しさを実感していただけるかと思います。(その場合は要冷蔵。)

詳しくは蔵元のホームページにて>>
[PR]
by hanatomoe | 2005-10-12 08:30 | 蔵元のつぶやき

ぬる燗で味わう日本酒

お酒がおいしい季節がやってきました。
特に鍋やすき焼きには、うま口の燗酒(かんざけ)が良く合います。ひとことで燗酒といっても暖める温度によってそれぞれ呼ばれ方があります。

35度~40度ぐらいの人肌燗、
40度~45度のぬる燗、
45度~50度の上燗、
50度~55度の熱燗
などいろいろあります。もちろん好みはありますが、この温度の範囲が一般的にお酒をおいしくのめるお燗の温度と言われています。

お酒は温度によって、味の感じ方がガラッと変わる不思議な飲み物です。上手に燗をつけることで、お酒をまろやかにし、味やコクを引き出して、料理のあじを引き立ててくれます。
手間はかかりますが、飲むたびにお酒をそのつど湯煎でじっくりと暖めてあげて下さい。
そうすることで、ムラなく均一になり、容器ごと暖まっているので冷めにくく、適温で燗酒を楽しむことができます。

こだわりの料理と手間をかけてお燗をつけた、最高の状態のお酒でぜひ食事を楽しんでいただくと、お酒とお料理との相性の良さを感じていただけることと思います。

ぬる燗はだいたい手で持てるぐらいで「少し熱いな」と感じるぐらいだと思います。手で持てないようだと熱すぎます。暖めすぎには十分注意してください。お酒の香りが飛び、味のバランスが崩れ台無しになってしまいます。最初は控え目に暖めて、お好みのお燗の適温を探してみて下さい。

花巴のお酒では、ちょっとこだわってお燗にするなら、清酒花巴 手造り純米酒(火入)が絶対おすすめです。まずは、ぬる燗(40度~45度)で試してみて下さい。
[PR]
by hanatomoe | 2005-10-07 10:58 | 蔵元のつぶやき

清酒花巴とは

上質な酸味を楽しめる人の日本酒です。

奈良の地酒蔵 美吉野醸造株式会社ホームページ

その他のジャンル

ブログジャンル