「顔の見える酒造り」を目指し、蔵元の出来事やお酒の情報を公開しております。


by hanatomoe

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
復活!木桶仕込み
日本酒造り
お酒の紹介
吉野の史跡紹介
蔵元のつぶやき
イベント情報

タグ

(13)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)

検索

純米大吟醸の蒸米放冷作業

e0027345_0111317.jpg昨日、限定吸水させて洗った精米歩合35%の山田錦を今日蒸しました。写真は、蒸した米を麹室(こうじむろ)に引き込む前に荒熱をとり、適温まで冷ましているところです。蒸しあがりも上々でした。

蒸しあがりの状態は、水の吸わせ方により変わります。もちろん時間が大きな要因ですが、洗う水の温度も無視できません。洗い水の水温により吸水速度が変わるのです。

私どもの蔵では、井戸水を直接洗い水としておりますので、年間を通して水温の変化が少なく安定した吸水が可能です。
そのため、吸水の調整が時間である程度管理できます。
自然の恩恵に感謝しながら、酒造りを行っております。

清酒花巴純米大吟醸酒はこちら
[PR]
by hanatomoe | 2009-01-16 22:00 | 日本酒造り

清酒花巴とは

上質な酸味を楽しめる人の日本酒です。

奈良の地酒蔵 美吉野醸造株式会社ホームページ

その他のジャンル

ブログジャンル