「顔の見える酒造り」を目指し、蔵元の出来事やお酒の情報を公開しております。


by hanatomoe

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
復活!木桶仕込み
日本酒造り
お酒の紹介
吉野の史跡紹介
蔵元のつぶやき
イベント情報

タグ

(13)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)

検索

お客様からのご感想

お客様からご感想をいただきましたので、ご紹介させていただきます。

e0027345_10335857.jpg花巴 しぼりたて生原酒
今朝お酒が届きました、今年は高取のお墓参りに行く事が出来ず蔵元にもお伺い出来なくて送っていただきありがとうございました、年に一度のしぼりたて楽しませていただきます。
ポンと封を開ける時の芳香が楽しみです、今日はお天気も良く吉野川も穏やかな事でしょうね、吉野育ちの花巴おいしくいただかせていただきます、ありがとうございました。


e0027345_10373279.jpg花巴 手造り純米酒
今日初めて購入しました。
実はしょっちゅう蔵元の前を通っておりまして、気にはなっておりました。
今回もそうだったのですが、時々看板が出ているんです。
ただそれだけなのですが、試してみる理由なんてそんなものですね。

軽く温めて一口飲んだときは驚きました。
芳醇で酸味のしっかりした明らかな個性を持った酒です。
まず濃厚な味ですね。中国酒にも近い濃厚なうまみが広がります。
次に来るのが鼻に抜ける香り。
燗をつける前は特に香りもなく、ありきたりな印象だったのが一変します。
最後にやってくるのは最近では珍しいくらい、しっかりとした酸味。
いいですねえ。

畑から掘ってきたての里芋を煮っ転がしにしたものと一緒にいただいたのですが、
こういった味付けのものに最高です。山の物によくあう酒ですね。最近では珍しいんじゃないでしょうか。蔵としての味の芯がしっかりとしているからでしょうか、寝かした酒が良い様に熟成しています。年明け早々に(我慢できずに大晦日に行っているかもしれませんが)本醸造の山廃を買いに行きたいです。花巴の味の基本は、このあたりの酒でしょうから、味わってみたいものです。
[PR]
by hanatomoe | 2009-01-06 10:41 | お酒の紹介

清酒花巴とは

上質な酸味を楽しめる人の日本酒です。

奈良の地酒蔵 美吉野醸造株式会社ホームページ

その他のジャンル

ブログジャンル