「顔の見える酒造り」を目指し、蔵元の出来事やお酒の情報を公開しております。


by hanatomoe

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
復活!木桶仕込み
日本酒造り
お酒の紹介
吉野の史跡紹介
蔵元のつぶやき
イベント情報

タグ

(13)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)

検索

心地よい含み香を目指して。

e0027345_144574.gif清酒花巴の大きな特徴のひとつに心地よい含み香があります。

含み香とは、お酒を口に含んだ瞬間に広がる香りで、鼻から息を抜く時によく感じることが出来ます。
鼻で匂う上立ち香よりもお酒の良し悪しがハッキリとあらわれやすい為、お酒に詳しい方はこの香りを重視する方も多くおられます。

さらに、含み香を重視することで、過ぎた香りが料理の邪魔をせず、自然に食事にとけ込めるお酒に仕上げております。
[PR]
by hanatomoe | 2008-05-09 01:28 | 蔵元のつぶやき

清酒花巴とは

上質な酸味を楽しめる人の日本酒です。

奈良の地酒蔵 美吉野醸造株式会社ホームページ

その他のジャンル

ブログジャンル