「顔の見える酒造り」を目指し、蔵元の出来事やお酒の情報を公開しております。


by hanatomoe

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
復活!木桶仕込み
日本酒造り
お酒の紹介
吉野の史跡紹介
蔵元のつぶやき
イベント情報

タグ

(13)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)

検索

今年度18BYの酒造りが終わりました。

e0027345_13142960.jpge0027345_13144629.jpg今年の酒造りが15日にすべて終わりました。

今年は異常なほどの暖冬の影響を心配しておりましたが、木造蔵の分厚い土壁のおかげで、蔵内の気温は例年に比べ高いものの、朝・晩で一定しており酒造りへの影響も少なくてすみました。
また暖かい気温がかえって、酸味・コクのある花巴らしいお酒に仕上げることが出来ました。

酒造りが終わっても、これから丹精込めて造られた新酒をうまく熟成させる大切な工程に入ります。この熟成後の味わいの良し悪しは、日本酒(とくに清酒)の酸味が決め手となります。
良い原料から出来る上質の酸味を備えたお酒は、熟成後に上質のうまみに変わり、お酒にまろやかさと深みを与えてくれます。
[PR]
by hanatomoe | 2007-04-18 12:44 | 日本酒造り

清酒花巴とは

上質な酸味を楽しめる人の日本酒です。

奈良の地酒蔵 美吉野醸造株式会社ホームページ

その他のジャンル

ブログジャンル