「顔の見える酒造り」を目指し、蔵元の出来事やお酒の情報を公開しております。


by hanatomoe

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
復活!木桶仕込み
日本酒造り
お酒の紹介
吉野の史跡紹介
蔵元のつぶやき
イベント情報

タグ

(13)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)

検索

初雪

e0027345_23261375.jpg本日、私どもの蔵のある奈良の吉野に雪が降りました。

昨年よりも半月ほど早いようで、急に冷え込んできました。
蔵内の気温は5度まで下がっていました。
お酒はこういう冬の寒い時期に仕込まれると良いと言われます。それは、蒸した米を仕込む際や仕込み初期の温度を抑える事ができ、糖化と発酵のバランスをとりやすいためです。そして、その他の条件からも酒造りは冬に行うことが通例となってきました。

しかし酒造りの古くは、菩提もとのように、夏から秋にかけて仕込まれているものもあり、特に冬の時期にと決っていたわけではないようです。夏には夏の、冬には冬の造り方があったようです。
ただ、冬の寒い時期につくられるお酒は、酒質が優れており、重宝がられていた事は確かなようで、特に1月~2月の水も腐らないと言われている、寒の時期が最良であったようです。
このことからも、冬の寒い時期は水が清められ、出来上がるお酒も美味しいのかもしれません。
[PR]
by hanatomoe | 2005-12-05 23:50 | 蔵元のつぶやき

清酒花巴とは

上質な酸味を楽しめる人の日本酒です。

奈良の地酒蔵 美吉野醸造株式会社ホームページ

その他のジャンル

ブログジャンル